トップページ > 産業医になるために必要な能力

産業医になるために必要な能力

産業医は、様々な分野の知識が必要とされる医師である

産業医というのは、企業等で労働者の健康管理を行う医師のこと言います。

産業医は、企業の規模によって人数が変わってきます。
500人以上が働いている企業には、1人以上産業医が必要となってきます。
産業医の必要な能力としては、
すばやく的確に診断できる能力が必要になります。

500人を1人で診断するときは、かなり素早い診断が必要とされます。
500人が一度に来ることは無いと思いますが、素早く診断できることにこしたことはありません。

また、コミニュケーション力も必要となります。
外傷などではすぐにわかるが、働いている人は、心の病にかかる人がとても多いです。

カウンセラーがいればよいのだが、いないときは、産業医が診ることになり。特に管理者などは、上からと下からの板挟みであるから、心労は絶えません。

そのへんの心のケアもできないと過労死はうつ病などになってしまい取り返しの付かないことになることもあるので、産業医は、それらを防ぐことも必要とされれるます。

産業医になりたい方はこちら

産業医の職務内容
産業医とは
産業医になるために必要な資格

産業医をもっと詳しく知りたい方はこちら

全ての会社に産業医がいるのか